caloの展示打ち合わせ

ディレクターの中西です。
正月最初の仕事は、caloの展示の打ち合わせ。

日本側のキュレーターの登久希子さんから、ニューヨークのマーサとのやりとり状況を聞きつつ、どのような作品をどのように展示するのか、コーディネーターのふるさかさん、claoの石川さんと、あーでもない、こーでもないと話しました。

また、ワークショップ開催中は展示を充分に見れないことも判明。

なので重要なお知らせです!!
caloでワークショップが開催される1/26(火)の午後6時からは、ワークショップ参加者以外は、caloの展覧会を見る事ができません。
ご注意ください!

なんだか、ほんとうに手づくりの企画、ぎりぎりまで、打ち合わせや調整が続きそうです‥‥。
ですが、きっときっと、”伝説の”ブックアートイベントになると確信しています。

どうぞ、ご期待ください。

写真はフランクリンファーネスアーカイブのコレクション作品のひとつSuzanne Lacyの1972年の作品“Rape Is,” です。(この作品の展示については調整中です。)
c0221069_0201869.jpg

[PR]
by bookartpicnic | 2010-01-08 00:15 | ブックアートピクニック2009