大阪ジンフェア

久々のブック・アート情報は、大阪・西九条のFLOATで開催されるZINEのイベントです。主に関西のZINEやリトルプレスが出品され、販売やフリーペーパーの配布、展示もある模様。ZINEを作る人・好きな人が集まるので、ZINEを読むだけでなく、ZINEにまつわる会話もたのしめるかも。出品者も募集中とのこと、詳しくは下記をご覧ください。


大阪ジンフェア
日時:2011年5月14日(土) 13:00 - 21:00
会場:FLOAT(大阪市西区安治川2丁目1-28 安治川倉庫)
入場料 : 無料

大阪を中心に関西で制作されているZINEの販売や、フリーペーパーの配布、アート作品の展示など、自主制作物を幅広く集め、紹介するイベントです。 制作者によるワークショップや音楽ライブもあります。
ZINEやフリーペーパーに作ってるひと、作ってみたいひと、見たり集めたりするのが好きなひと、興味あるひと、どうぞご来場下さい。

□出品者募集中□
出品はZINEだけでなく、フリーペーパーや自主制作の本、アートなどを幅広く募集します。参加者には各自ブースが割り当てられます。
出品希望の方は、以下の項目をosakazinefair@gmail.comまでメールにてご連絡下さい。
参加する人・団体名
出品物の種類・形態(ジン、本、アートなど)
作品についての詳細(任意)
WEBサイトURL(あれば)

参加者予定(4/18現在) アルファベット順
追加の参加者情報は、随時更新します。
AT PAPER ART FREE MAGAZINE(京都) / Books DANTALION(大阪)(ジン)/ facfac(大阪・京都)(ジン) / グるさん(大阪)(ジン) / Hiroyuki Aomuro(兵庫) / Jerry Gordon(大阪)(ライブ)/ 前川 紘士(京都)(小冊子など・ワークショップ) / 中島 彩(大阪) (本制作) / PLOVER!(大阪)/ Rick Tuazon(大阪) / Ryan Cecil Smith(兵庫)(ジン・漫画) / Sam Sheffield(奈良) / 佐藤 澪(神奈川)(ジン) / stealth geek's jewelry(大阪) / Team Kathy(東京)(ジン) / Victoria Long, Andy Jenkins (福井)(ジン・アート) / VITAMIN(大阪) / 余所見(大阪)
[PR]
# by bookartpicnic | 2011-04-21 21:51 | ブックアート関連イベント情報

展覧会「これは本ではない―ブック・アートの広がり」

本事業に参加してくださったアーティストの方から、ブック・アートの展覧会のご案内をいただきましたのでお知らせします。現在開催中のうらわ美術館には、ブック・アートが数多くコレクションされています。本展覧会は、2月に福井市美術館に巡回するとのこと。関西方面の方にも見に行きやすいですね。

「これは本ではない―ブック・アートの広がり」
2010年11月20日(土)~2011年1月23日(日)
(2010年12月27日(月)~2011年1月4日(火) は休館)
うらわ美術館 http://www.uam.urawa.saitama.jp/tenran.htm
*なお、本展は、来年2月から福井市美術館に巡回します。
[PR]
# by bookartpicnic | 2010-12-05 00:53 | ブックアート関連イベント情報

BOOK ART 2010 Japan-Korea : 現代アートの珠玉の実験ー見る者に開かれる本のかたちでー

 大阪港にあるギャラリーヤマグチ クンストバウにて、ブック・アートの展覧会が開催されています。日本と韓国の現代美術家による実験的なブック・アート作品をじっくりと鑑賞するよい機会となるはずです。

BOOK ART 2010 Japan-Korea : 現代アートの珠玉の実験 ー見る者に開かれる本のかたちでー
会期:2010年10月16日(土)ー30日(土)
会場:ギャラリーヤマグチ クンストバウ
〒552-0022大阪市港区海岸通1-5-25商船三井築港ビル地階 Tel 06-6577-0998
出展作家: 福嶋敬恭 坪田政彦 長岡国人 芝高康造 日下部一司 川端嘉人 村井啓乗 塚本悦雄 稲葉高志 大西伸明 田中朝子 野原健司 稲垣由紀子 Song, Seong-Jae Yim, Young-Kil Kim, Sung-Bok Chung, Mi-Ok Chung, Shin-Young Lim, Soo Sik Kim, Sung Yong Han, Seok Hyun Ohm, Jung Ho Jeon, Sang Mi Young-Ju Choi
[PR]
# by bookartpicnic | 2010-10-18 23:31 | ブックアート関連イベント情報

「本」の展覧会[THE LIBRARY 2010]参加者募集

「本」の展覧会[THE LIBRARY 2010]参加者募集のお知らせをいただきましたので、情報掲載させていただきます。


「本」の展覧会[THE LIBRARY 2010]参加者募集

「本」形式の作品を持ち寄って、一緒に架空の図書館をつくりませんか。

今回で17回目。毎年開催され、多い年には200名以上が参加する、国内最大級のアーティスト・ブック(手に取って見ることができる「本」形式のアート作品)の公募展です。
 「本」の形式の作品、「本」をテーマにした作品であれば、どのような作品でも出品できます(絵や写真、イラスト、ことば・文などをもとにした手づくりの本の他、立体やオブジェ、造本・装丁の作品、自主制作の印刷物も可)。

 出品規定に沿って所定の参加手続きをされた方は、作品制作の経験の有無にかかわらず、どなたでも出品することができます(制作経験のない方の参加が毎年2〜3名あります)。参加者の年齢は10代〜60代までと幅広く、居住地も首都圏、近畿圏を中心に、北海道から沖縄にまで広がっています。
 参加者数が多いこともあって、来場者数も毎回4000名以上を数え(2009年開催時の1日の最大来場者数約500名)、多くの方に作品を見ていただくことができます。

■会場/会期
【東京】2010年8月31日 (火)〜9月11日 (土) 
TOKI Art Space 東京都渋谷区神宮前3-42-5-1F
http://homepage2.nifty.com/tokiart/
東京メトロ、外苑前駅(銀座線)より徒歩5分/表参道駅(銀座線・千代田線・半蔵門線)より徒歩10分
 JR原宿駅竹下口、千駄ヶ谷駅より徒歩約15分

■出品規定
 「本」の形式をもとにしたものであれば、どのような作品でも受け付けます(危険物や生ものは不可)。電源も使用可能です。ただし閉じた状態で24×30cm(A4)×厚さ12cm以内、もしくは22×22×22cm以内というサイズ規定と、作品点教は一名一点(複数点で一組は不可)という規定を厳守して下さい。
 グループで一点の作品を共同制作されても構いません。
 なお、作品はできるだけ手に取って見ることができるものをお願いいたします(相談によっては手を触れることのできないものも可)。

■参加申し込み方法
 2010年8月1日(日)までに電話、ファックス、メール、郵便などにて、Gallery ART SPACEに参加希望の旨をお知らせ下さい (連絡先は末尾)。
 申し込みの際には、普段の制作活動がわかる資料 (計3MB以下の添付ファイルもしくは、サービス判やカラーコピーによる作品写真2〜3枚程度でも結構です)および、今回の展覧会で出品される作品の制作プラン(おおままかなサイズ、素材、内容、外観などの説明文もしくはスケッチなど)の提出が必要です。
 なお、場合によっては(展覧会の趣旨と合わないなど)、制作プランの変更をお願いすることもあります。予めご了承下さい。
 また、サイズなどが規定内であればすでに制作・発表済みの作品も出品できます。その場合は、作品写真にサイズ、内容等の簡単な解説を添えてお送りください。

*参加申し込み〜展覧会開催の流れ

・Gallery ART SPACEへ参加申し込み(メール、電話、ファックス、郵便など)→Gallery ART SPACEから返信)→メール、郵便などにより活動資料・制作プラン(サイズ、素材、内容など)送付→Gallery ART SPACEから返信→やり取りの末プラン決定→制作→参加者プロフィール等についてのやり取り→搬入(この時点で作品が完成すれば結構です)→展覧会開催 →搬出

■参加費用
 一名6,000円を搬入時に納入して頂きます。納入方法の詳細は後日お知らせします(グループで一点を出品される場合、参加費は一名分です)。

■搬入出
 搬入は、指定の日時にGallery ART SPACEへ郵送もしくは持参で(日程は検討中)、搬出方法については現在検討中です (着払いでの郵送可能)。日時等の詳細は、各参加者に後日お知らせします。

*その他詳細につきましては、Gallery ART SPACEまでお問い合わせ下さい(メールでも承ります)。
 また、展覧会についての最新情報はこのホームページをご参照下さい。皆様の参加申し込みをお待ちしております。 

参加申し込み/問い合わせ先
〒331-0813 
埼玉県さいたま市北区植竹町1-123-2
Tel / Fax:048-677-4061
090-9153-0714(篠原)
artspace@h6.dion.ne.jp

URL:http://www.h3.dion.ne.jp/~artspace/
[PR]
# by bookartpicnic | 2010-06-10 19:47 | ブックアート関連イベント情報

Artists' Book Exhibition : Centre to Periphery (シンガポール)

 ワークショップなどに参加してくださったアーティストから、ブック・アートの展覧会情報をいただきました。日本とシンガポールのブック・アートを紹介する展覧会で、セミナーの講師をしてくださった篠原誠司さんがキュレーターの加わっていらっしゃるとのこと。作品によっては触って鑑賞することもできるようです。

「Artists' Book Exhibition : Centre to Periphery」
会場:Japan Creative Centre(4 Nassim Road Singapore 258372 8th)
5月8日〜21日 (Tue - Sat, 10am - 6pm, closed Sun, Mon and Public Holiday)
tel: (65) 6737 0434
http://www.sg.emb-japan.go.jp/JCC
[PR]
# by bookartpicnic | 2010-05-17 22:57 | ブックアート関連イベント情報

THE LIBRARY ASHIKAGA

昨年静岡市美術館で行われた「THE LIBRARY」展が、足利市立美術館に巡回しています。会期中、出品作家によるワークショップも開催される様子。連休に北関東方面へ旅される方、ブック・アートに触れに立ち寄られてはいかがでしょうか。詳しい内容は美術館まで。


場所:足利市立美術館
会 期:2010年4月10日(土) 〜 6月13日(日)
時間:10:00 〜18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜日(5/3は開 館)、5/6(木)
観覧料:一般/500円、大学・高校生/300円、中学生以下無料
(同時開催の『カイガノカイキ』展と共通のフリーパ ス券)

● 出展作家
荒木珠奈/飯田啓子/石上和弘/石川雷太/石渡雅子/稲垣立男/乾久子/今井 紀彰/上野慶一/内海聖史/内倉ひとみ/勝又豊子/加藤寛子/金子清美/河田政樹 /倉重光則/倉本麻弓/黒須信雄/くわたひろよ /小林のりお /清水晃 /関野宏子 /高石麻代/高久千奈 /高島芳幸 /高橋理加/多田由美子/田邉晴子 /戸泉恵徳/栃木美保/豊嶋康子/ 中西晴世 /原田さやか/ピコピコ/菱刈俊作/前本彰子/松永亨子/三田村光土里/ミツイタカシ/本原玲子/森妙子/山本あまよかしむ/山本耕一/ワタリドリ計画 (麻生知子・武内明子)
[PR]
# by bookartpicnic | 2010-04-27 22:23 | ブックアート関連イベント情報

beyer(大阪・玉造)

beyer
URL: http://www.beyerbooks-pl.us


c0221069_143780.jpg


 大阪の生活感あふれる玉造商店街の脇道を入ったところに、ぽっとあかりの灯ったバイエルさんはあります。一階は本屋と展示スペースとデザイン事務所、二階は本を閲覧できる図書スペースになっています。靴を脱いで上がる秘密の部屋のような図書スペースでは、コーヒーを飲みながら選りすぐりの本を閲覧できます。置いてある写真集や図録は、視覚的なインスピレーションを与えてくれるものばかり。ページをパラパラとめくれば、ゆっくりと自分のイメージする世界が描かれていくような時間を味わうことができます。アイデアをひねり出す時間がほしい、なんていう時におすすめのブック・アート・スポットです。

 ご主人の梅田さんにお話を伺うと、二階の図書スペースは「勉強堂」のイメージだとか。「ここで考えたり知ったりする時間を過ごしてもらえたらうれしい。」お店を始める前は、デザインの仕事をしながらギャラリーのボランティアスタッフをされたり、イタリアにある世界の図録を集めた書店に憧れたりしていたとのこと。「世界の図録があれば、世界でどんなことが起きているか知ることができるなと思って。」ここでは世界の図録を設置している訳ではないけれど、お店に集まる本から、今起きている見知らぬ世界に目を向けるきっかけが生まれたら、そんな想いを「勉強堂」や店内の本、さりげなく飾ってあるアーティストの小作品から感じられます。

 図書スペースでは、これまでお店で販売してきた本も所蔵しているので、完売した本でも後々まで閲覧することができます。一階のお店では、フランクフルトのブックフェアなど、海外で買い付けてきた美しい作品集や、リトルプレスの詩集、豆本、アーティストの小作品などが販売されています。
(レポーター:ふるさかはるか)

c0221069_145957.jpg

c0221069_151354.jpg

[PR]
# by bookartpicnic | 2010-02-25 01:05 | ブック・アート・スポット

森岡書店(東京・茅場町)

森岡書店
URL: http://moriokashoten.com


c0221069_14262451.jpg


 森岡書店さんのことは、大阪・中崎町のiTohenさんで巡回展のはがきを見かけて知りました。展覧会をしているということはギャラリーがあるということ。どんな場所でどんな本を取り扱っていらっしゃるのか、興味津々で訪ねてみたところ、お店は古くて渋い洋風ビルの中に。飴色になった木の扉を開けて階段をのぼりお店に入ると、味のある家具の上に本がふわりと置いてある、本の積み上がった古本屋にはない不思議な空間が広がっていました。写真集の古本が多いのですが、どれもそこにあることが必然のようなたたずまいを醸し出しているというか。

 ご主人の森岡さんにお話を伺うと、元は神保町の老舗書店に勤めていらしたとのこと。当時は独立など考えたこともなかったのですが、この建物と出会ったことがきっかけでお店を構えるに至ったそうです。幼い頃から古いものがお好きで、その延長のように場所の魅力に惹かれてできたお店には、ギャラリー展示や朗読会、演奏会が行われるなど、本を買いにくるだけではない場の楽しみがあります。

 私が訪ねたときには、「米津陽介写真展」が開催されていました。「ギャラリーと書店が一緒になっていると、作家と出会えるのがいい。」気さくにお話しくださった森岡さんは、書店で人との出会いを生み出すようなすてきなご主人でした。「カモメがくるんですよ。」川の流れる明るいお店の窓を開け、豆を空になげる森岡さん。すると、どこからかカモメが颯爽と現れてきて見事にキャッチ!ここは確かに選りすぐりの美しい本が並ぶ書店なのに、カモメまで寄ってくる。こんなさりげない魅力のある空間で展覧会をしたいと思うアーティストは少なくなくないだろうなと思うのです。ギャラリーは書店空間と融合していて、どことなくそれは、本の中の挿絵のページのように、安らぎを与える機能を果たしているように感じました。
(レポーター:ふるさかはるか)

c0221069_14264279.jpg

c0221069_1427639.jpg

[PR]
# by bookartpicnic | 2010-02-23 14:27 | ブック・アート・スポット

コモンズフェスタ2009/2010 ブログ掲載

 コモンズフェスタ2009/2010のブログに、ブック・アート・ワークショップAのレポートをご掲載いただきました。参加者の方のお声もレポートいただいていますので、是非ご覧ください。

コモンズフェスタ2009/2010のブログはこちら
[PR]
# by bookartpicnic | 2010-02-23 14:12 | ブックアートピクニック2009

ABC放送での紹介

 ABC放送のウェブサイト、NEWS ゆう+でロセラさんの大きな本が紹介されました。1月27日にはABCラジオの生放送で展覧会をご紹介いただき、放送を聴いた地元のおじさんが、「大きい本みせてやー。」と展覧会終了後にiTohenさんを訪ねてくださったと聞いています。ご紹介、ご来場くださった皆様にお礼申し上げます。
[PR]
# by bookartpicnic | 2010-02-18 14:03 | ブックアートピクニック2009

※このブログにある文章や画像の許可のない転載はお断りします。 ブックアート研究会


by bookartpicnic

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

研究会
ブックアートピクニック2009
ブックアート関連イベント情報
ブック・アート・スポット

リンク link

最新の記事

ブックアート研究会(第8回)
at 2016-07-12 17:34
THE LIBRARY201..
at 2016-06-04 22:10
ブックアート研究会(第7回)
at 2016-06-01 22:03
ブックアート研究会(第7回)
at 2016-05-24 06:30
THE LIBRARY in..
at 2015-11-09 19:43

以前の記事

2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 11月
2014年 04月
2014年 03月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 04月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧