<   2009年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

扇町公園

 ふるさかです。今日はエクスカーション・ピクニックBの会場となる扇町公園を見学してきました。1月の寒い中、ブック・アートと弁当と敷物を持ってピクニックするという、ちょっとチャレンジングな企画です。もちろん私も参加するつもりでいるのですが、何を持っていこうかななどと思いながら公園についてみると、少年少女が広々とした運動場でサッカーやキャッチボールをしていて、なんかフリスビー持ってきたいなーなんて思ってしまいました。本でフリスビー作るか。(できるん?)当日晴れたなら、こういう広々とした地面の上で本を開けるのは気分がいいだろうなと思います。日時は下記のとおり。また進展があり次第こちらに報告しますので、チェックしていてください。

ピクニックA
日時:2010年1月30日(土) 11:00〜12:00
会場:中之島公園

ピクニックB
日時:2010年1月31日(日) 11:00〜12:00
会場:扇町公園


c0221069_1938539.jpg


c0221069_19382595.jpg

[PR]
by bookartpicnic | 2009-12-27 19:38 | ブックアートピクニック2009

ハナ書房(大阪・天神橋)

ハナ書房
大阪市北区天神橋3-5-15天三おかげ館2階 tel 06-6353-1487

 大阪で古い美術書を探したい時には、天満天神古書街にあるハナ書房さんがおすすめです。店内にはモダニズムやシュルレアリスムなどの20世紀美術の古い本や雑誌が所狭しと置いてあり、美しい美術古書に囲まれた至福の時間を過ごせます。

 美術古書の表紙絵やデザインは、本の内容以上に古さや味わいを表していて、そのたたずまいは視覚的にブック・アートとして楽しめます。古い絵の印刷具合や言葉の味わいに触れていると、これを使ってレディメイドの作品ができないかななどと、創作心がくすぐられます。ハナ書房さんでは、中でも古い美術雑誌が充実していて、お店に置ききれないものがたくさんあるそう。そういうものはネットで販売しているそうですが、やはり本棚を徘徊しながら実物に触れて本と出会えることが、アートとして本をみてみる時の直感を研ぎすませてくれる気がします。

 以前お店に入ってすぐに目に入ったのは、クレーの『造形理論ノート』ドイツ語復刻版。日本語版を若かりし頃真剣に読んだので、そのドイツ語版がここに!と妙にテンションが上がりました。版画系女子の私にとっては、山本鼎の随筆や、谷中安規の挿絵(原画が無造作に置いてあります)、石井柏亭が挿絵した与謝野晶子の詩集など、目のくらむ楽しい本でいっぱいの空間。そして今日は、『蝋人形』という昭和初期の大変美しい詩の雑誌を発見し、こんな雑誌を手摺りの版画で作れたらなあなどと夢想しておりました。

(レポーター:ふるさかはるか)


c0221069_18422823.jpg


c0221069_18424339.jpg


c0221069_18425734.jpg

[PR]
by bookartpicnic | 2009-12-27 18:43 | ブック・アート・スポット

ボランティアスタッフ大募集!!

ボランティアスタッフの募集は締め切らさせていただきました。皆様のご応募、誠にありがとうございました!

「やっぱり本が好き!国際ブック・アート・ピクニック」では、ブック・アートの展覧会やセミナーなどをお手伝いくださるボランティアスタッフを大募集中!!国際的に活躍する美術家のブック・アートに接近するチャンスです。「ブック・アートってなに?」「本とアートが大好き!」という方、ぜひブック・アートを通してアートの現場を盛り上げてみませんか?


開催期間:2010年1月19日(火)~31日(日) ※期間外のサポートも歓迎です!
会場:大阪府立中之島図書館(大阪市北区)、Calo Bookshop & Cafe(大阪市西区)、
iTohen(大阪市北区)、應典院(大阪市天王寺区) 他
特典:国際交流セミナーを無料でご覧いただけます。
   5回以上サポートくださった方に、事業後ドキュメントブックを差し上げます。
申込方法:氏名・住所・電話番号・メールアドレス・簡単な自己紹介、ボランティア説明会参加希望時間(2010年1月9日(土)①13:00または②18:30)を、大阪アーツアポリアまでご連絡ください。サポートスタッフとして登録し、後日詳細をご連絡いたします。

※ボランティア説明会を下記の日程で行います。ボランティアを希望される方は必ず出席をお願いします。説明会のご都合のあわない方は事前にお知らせください。
ボランティア説明会:
2010年1月9日(土)①13:00〜14:00 ②18:30〜19:30
①か②のどちらかに参加してください。

お申込み・問い合わせ先:
NPO大阪アーツアポリア
Tel/fax: 06 6599 0170
メール:bookartpicnic○gmail.com(○を@にかえてください。)
[PR]
by bookartpicnic | 2009-12-26 13:00 | ブックアートピクニック2009

colombo(大阪・心斎橋)

colombo
URL: http://www.colombo.jp

 府立中央図書館の帰りに、雑貨と古本屋のcolomboさんにチラシを置いていただきに立ち寄ってきました。

 colomboさんには雑貨と気軽な読み物や写真集が置いてあり、心斎橋・本町界隈を歩くときにふと立ち寄れるブック・アート・スポットです。以前ご主人に何となくアーティストブックについてお話ししたところ、「ちょっと待っててください」とお店の2階から持ってこられた本が、エドワード・ルシャの『26のガソリンスタンド』(でた!)。この本はアーティスツブックの先駆けとしてよく知られている写真集で、ブック・アートについての本ではよく紹介されているのですが、実物を見たことがなかったので、それを手に取って全体を眺めさせてもらうことができて大満足でした。見た目は普通の写真集の顔をしているようで、何の解説もなくただ洗練されたレイアウトとタイポグラフィーで26つのガソリンスタンドの写真がつづく、というやっぱりおかしな本でした。この本を椅子に座ってゆっくりめくりながら、ガソリンスタンドを鑑賞しているという図は、しゃれたアメリカ映画のワンシーンのようにユーモラスだなどと思います。

 今日は、ご主人が古いポラロイドカメラをご友人にプレゼントされるとのことで、下の写真のごとく試し撮りをされていました。お店にはカフェコーナーがあったり、かわいい雑貨があったりと、気軽に立ち寄れるのが魅力ですが、並んだ本のなかにはおっ!と手が伸びるような本がまぎれているはず。今日の本棚だと、エドワード・ルシャの『ロサンゼルスのアパートメント』や、瀧口修造の『余白に書く』、恩地孝四郎の『本の美術』が目に留まりました。

(レポーター:ふるさかはるか)



c0221069_15361797.jpg


c0221069_15363713.jpg


c0221069_15365042.jpg

[PR]
by bookartpicnic | 2009-12-24 22:31 | ブック・アート・スポット

『青鞜』創刊号(大阪府立中央図書館)

 今日は大阪府立中央図書館に、展覧会に出品する『青鞜』創刊号を閲覧してきました。つい先日まで堺市の与謝野晶子文芸館で展示されていたこの『青鞜』を、11月にディレクターの中西さんと見に行ったのですが、今日は中央図書館に戻って来たのをじっくり独り占めして閲覧してきました。

 創刊号といえば、平塚らいてうの「元始、女性は太陽だつた」の創刊の辞が教科書にのるくらい有名ですが(この文のページの傷みが激しかったですし)、与謝野晶子の「そぞろごと」という詩もまたよく知られています。与謝野晶子は大阪を代表する女流作家。中之島図書館で開催する展覧会「アーティストと本/いくつかの関わりを通して」展では、「そぞろごと」の詩と、『智恵子抄』の主人公でおなじみの長沼智恵子の表紙絵を展示します。女性の自立をうたった作家や画家の、雑誌発行に対する意気込みが、茶色くなったページの端々から伝わってきます。

 図書館では美術館と違って、本は作品ではなく資料として扱われます。そのため本が傷んでいたり、資料整理のためのはんこがバシンと押されていたりと、美術館では味わえない渋さがありますが、それも本という媒体を作品にする時の一側面かなと思えます。

(ふるさか)
[PR]
by bookartpicnic | 2009-12-24 17:40 | ブックアートピクニック2009

「オブジェの方へ」展(うらわ美術館)と「THE LIBRARY」展(静岡アートギャラリー)

 コーディネーターのふるさかです。埼玉、静岡で開催されている2つのブック・アートの展覧会を観てきました。

 1つ目はうらわ美術館の展覧会「オブジェの方へ」展。コレクションの「本をめぐるアート」を一同に鑑賞できる開館10周年記念展でした。未来派などの西洋のブック・アートに始まり、マルセル・デュシャンの「グリーン・ボックス」や「トランクの箱」、フルクサスの「フルックスキット」、「フルクサス1」などの20世紀の代表的なブック・アート作品に交えて、若林奮さんや村岡三郎さんなど日本の代表的なブック・アート作品が紹介されていました。ほとんどの作品は展示ケースにおさめられ、各作品の世界がスポットを浴びて並んでいる静かな空間は、本の展示ならでは。中でも個人的に目を引いたのは福田尚代さんと安部典子さんの、レディメイドの本を切ったり折ったり手を加えた同時代の作品でした。

 足利市立美術館の篠原誠司さんのご紹介で、うらわ美術館学芸員の方に私たちの企画を紹介させていただいたところ、特にフランクリン・ファーネス・アーカイブ・コレクションに強いご関心をお寄せの様子でした。アーティスツブックのコレクションというブック・アート史上パイオニア的役割をはたしてきた同コレクションを日本で初めて展示し、主宰のマーサ・ウィルソンさんからお話を伺う今回の私たちの企画は、やはり貴重な機会になるということを改めて確認しました。

 もう一方の展覧会は、静岡アートギャラリーでの”触れるブック・アートの展覧会”、「THE LIBRARY」展。訪ねたのは展覧会の最終日で、その日をもって静岡アートギャラリーは閉館し、次年度からは静岡市立美術館として再出発するとのことで、たくさんの方が訪れていました。こちらの展覧会はうらわ美術館と違って、すべての作品が触ってくださいと言わんばかりに展示台の上に並んでいて、普段作品には触れてはいけないと思っていることを覆されているような、どきっとする触覚的展覧会でした。たくさんの来場者も作品を手に取れるとあって、ひとつひとつ立ち止まり丁寧に鑑賞していました。展示作品は、手製本からテキスト中心のもの、レディメイドに手を加えたもの、本をテーマにした彫刻など形態は様々で、ゲストキュレーターの篠原誠司さん曰く、本だけを作っているのは46名の出品アーティスト中たったひとり。ブック・アートという表現方法は、美術のジャンルの中でもオルタナティブな位置にあるのと同じように、アーティストにとっても主軸の作品を補う表現方法なのだと感じました。

 会場に駆けつけたアーティストや学芸員の方々に私たちの企画をご紹介すると、チラシのロセラさんの大きな本にご関心をお寄せいただいている様子。中にははるばる大阪まで見に行きたい、中之島図書館知ってます、あの古い本があるところ!といってくださる方も。ブック・アートの友情は地方を超える(笑)というか、本と美術を愛する人とたくさんお目にかかることができた展覧会でした。

 中継地点の東京では、総合チラシをデザインしてくださった言水ヘリオさんが、アーティスト3名と鍋をするというので伺ってみることに。言水制作室の隣の部屋の引き戸をガラガラあけると、真っ白の空間にお鍋を囲んだ皆さんが。これからここでオルタナティブスペースを始めるとのことで、その名前を決める会合を目撃してきました。結局名前は決まらなかったのですが、記念すべき初のイベントは、光栄なことに裏ブック・アート・ピクニック。私たちの企画と同じ時期に、東京・神保町で本にまつわるアートイベントを計画してくださっていました。そんな立ち上げメンバーのほとんどの方が、私たちの国際交流セミナーを見に行きたいですと、またまたご関心を寄せてくださっていました。しかも国際交流セミナーのある週末には、大阪ではココルームさんや應典院さん、国立国際美術館で強力なアートイベントが開催される時期とあって、関西の外からも参加者が多く来阪する可能性が高いことが判明。寒い時期ですが、大阪はアートでほっこりする1月になるんじゃないかと、わくわくしながら帰阪した次第です。



c0221069_16121647.jpg

THE LIBRARY展の様子

c0221069_16123712.jpg

THE LIBRARY展の様子
[PR]
by bookartpicnic | 2009-12-22 16:14 | ブックアートピクニック2009

チラシの訂正とお詫び

 総合チラシの表記に2点間違いがございました。下記のとおり訂正させていただくとともに、心よりお詫び申し上げます。

〈関連ワークショップ欄〉
誤:http://www.caloboolshop.com
正:http://www.calobookshop.com

〈協力欄〉
誤:Calo Bookshop & Café
正:Calo Bookshop & Cafe
[PR]
by bookartpicnic | 2009-12-10 13:57 | ブックアートピクニック2009

チラシ完成!

 いよいよチラシが完成しました!納品後ただちに事務局の力を合わせて全国に向けて発送作業を行いました。手伝ってくださった方々、ありがとうございました。

 チラシは事業の総合チラシと、ワークショップチラシの2種類配布しています。町でチラシを見かけたら、是非手に取ってご覧ください。各種申し込みは、12月15日からスタートです!右カテゴリのお問い合わせ・申込み先へご連絡ください。

c0221069_1059752.jpg



c0221069_1059321.jpg



c0221069_10595073.jpg

[PR]
by bookartpicnic | 2009-12-10 13:48 | ブックアートピクニック2009

国際交流セミナー ブック・アートをめぐって

国際交流セミナー ブックアートをめぐって

当日参加も受け付けます。ご来場お待ちしております!

c0221069_23403911.jpg

大阪府立中之島図書館

国際的に活躍する美術家やキュレーター5名がそれぞれの立場からブック・アートについて語ります。日本では欧米の作家や ムーブメントにブック・アートのルーツを求めることが一般的です。しかしこのセミナーでは、日本におけるブック・アートの取り組みや、日本の近現代の女性アーティスト等と本との関わり、「オルタナティブスペース」とブック・アートの関係、国内外の美術家の視点を通して、新たな角度でブック・アートを考えることを試みます。

日時:2010年1月23日(土) 13:00〜16:00 (12:30開場)
会場:大阪府立中之島図書館文芸ホール(大阪市北区中之島1-2-10)
※入館手続き要。カバンはロッカーに入れ、飲食物の持ち込みは不可。

参加費:500円/定員80名(予約優先/先着順)

○プログラム
セミナータイトル/講師名

1.
「アーティストと本/いくつかの関わりを通して」
中西美穂(NPO大阪アーツアポリア代表)
c0221069_23355483.jpg


2.
「日本における取り組み、 THE LIBRARY展(仮題)
篠原誠司(足利市立美術館学芸員)
c0221069_155081.jpg



3.
「「オルタナティブスペース」とアーティスツ・ブック、フランクリン・ファーネス・アーカイブ(仮題)
マーサ・ウィルソン(フランクリン・ファーネス・アーカイブ主宰)
c0221069_23382932.jpg


4.
「(タイトル調整中)」 
松井智惠(美術家)
c0221069_23374286.jpg


5.
「(タイトル調整中)」
ロセラ・マトモロス
c0221069_23393875.jpg


----申し込み方法-----

メールかファックスにて以下の必要事項を明記の上お申し込みください。定員になり次第閉め切ります。
1) お名前
2) 所属(ある場合のみ)
3) 住所
4) メールアドレス
5) 電話番号

※申し込まれた方の個人情報は、本事業の目的以外に使用しません。
※一回につき一名ずつお申し込みください。
※3階文芸ホールへのアクセスは階段のみになります。階段が困難な場合は申し込み時にご連絡ください。対応致します。

----お問い合わせ&お申し込み先-----

NPO大阪アーツアポリア
メールアドレス:bookartpicnic○gmail.com(○を@に変えてください。)
電話&FAX:06-6599-0170(火曜日〜土曜日の正午から午後8時まで)
[PR]
by bookartpicnic | 2009-12-05 20:44 | ブックアートピクニック2009

エクスカーション

エクスカーション

本好きの方ならどなたでも!予約不要、参加費なし。ブック・アートの話をいろんな人と話してみたい人たちが、敷物とお弁当と、ブック・アートを持って公園に集まりピクニックをします。雨天中止。要防寒対策。詳しくは近日こちらのブログでお知らせします!

ピクニックA
日時:2010年1月30日(土) 11:00〜12:00
会場:中之島公園

ピクニックB
日時:2010年1月31日(日) 11:00〜12:00
会場:扇町公園
[PR]
by bookartpicnic | 2009-12-05 18:00 | ブックアートピクニック2009

※このブログにある文章や画像の許可のない転載はお断りします。 ブックアート研究会


by bookartpicnic

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

研究会
ブックアートピクニック2009
ブックアート関連イベント情報
ブック・アート・スポット

リンク link

最新の記事

ブックアート研究会(第8回)
at 2016-07-12 17:34
THE LIBRARY201..
at 2016-06-04 22:10
ブックアート研究会(第7回)
at 2016-06-01 22:03
ブックアート研究会(第7回)
at 2016-05-24 06:30
THE LIBRARY in..
at 2015-11-09 19:43

以前の記事

2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 11月
2014年 04月
2014年 03月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 04月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧